シンポジウム5-1「救肢後の足を守る足病ケア外来の現状と課題」

5月27日(土)シンポジウム5「フットケアと創傷管理の融合を目指して ―下肢救済のために結集する看護の力―」
1. 救肢後の足を守る足病ケア外来の現状と課題
座長 大浦 紀彦 (杏林大学医学部形成外科学)
座長 溝上 祐子 (日本看護協会 看護研修学校)
演者 松岡 美木(埼玉医科大学病院)

足を守り、歩くことができる状態を保ち続けることは人間のQOLを維持するうえで重要となる。そのため足の状況を整えるフットケアは今、糖尿病患者だけではなく様々な方々を対象に提供されることが求められている。

当施設の慢性創傷外来では下肢潰瘍患者が大切断の回避、救肢を希望して県内外から来院している。そのような状況のなかで2010年から救肢後の方々を対象に再発予防、異常の早期発見などを目的にフットケアを提供する足病ケア外来を装具外来と併行して開始した。

救肢後の足は日常生活を続けていくにつれて変形が進行し、歩行時の荷重部位の変化が生じるため新たな胼胝や鶏眼などが生じることもある。また、軽微な外傷を繰り返す場合や潰瘍が再発する場合も少なくない。そのため継続したフットケアによる足のメンテナンスと生活指導、装具調整は欠かせない。

足病ケア外来は3名の皮膚・排泄ケア認定看護師が担当しており、その中の1名は特定看護師である。血流障害や神経障害の程度、創傷の有無など、足の状態にあわせてフットケアの提供者を適宜変更し、医師、義肢装具士と連携を取りながら足病ケア外来を運用している。この外来では生活を維持しながら、いかに再発を予防するか、創傷を治癒に導くかが重要な任務となる。

本シンポジウムでは足病ケア外来の現状と今後の課題について述べる。
 

※本ページの使用画像はイメージです(過去の学会風景より)

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会プログラムはこちら
メニュー