シンポジウム9-2「福岡県透析医会における下肢末梢動脈管理に関するアンケートまとめ」

5月27日(土)シンポジウム9「透析患者の下肢末梢動脈指導管理」
2. 福岡県透析医会における下肢末梢動脈管理に関するアンケートまとめ
座長 菰田 哲夫 (こもたクリニック)
座長 小林 修三 (湘南鎌倉総合病院)
演者 内田 裕士 (福岡赤十字病院 腎臓内科)

【目的】末梢動脈疾患(PAD)は重症下肢虚血(CLI)に至ることで四肢切断を余儀なくされた場合、その予後は極めて不良である。血液透析患者においてはPADの有病率が高く、急速な病態進展も特徴とされる。PADの予防や早期発見・早期治療を行うことは、透析患者および医療者にとって重要な問題であり、PAD重症化予防の観点から平成28年4月には診療報酬改定により新たに「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」が算定可能となった。同加算は血液透析患者におけるPADのスクリーニング、透析施設と専門医療機関との連携強化を目的としている。今回、我々は福岡県内の透析施設における透析患者のフットケアの現状およびに加算開始後のフットケアの取り組みの変化を調査した。

【方法】福岡県内の150透析施設を対象にPAD診療の現状および下肢末梢動脈疾患指導管理加算開始後の取り組みの変化に関してアンケートを実施した。

【結果】平成28年12月の時点で福岡県内の122の施設が下肢末梢動脈疾患指導管理加算を適応しており、86施設より有効な回答を得た。下肢切断率は2.7%(200人/7447人)であり、ABI<0.7の患者は7.5%(491人/6512人)、その中で64%(312人/491人)が糖尿病患者であった。定期的な下肢血流検査を施行している施設は74.3%(61施設/82施設)、定期的なフットケアを施行している施設は80.4%(66施設/82施設)であった。加算開始後、36.6%(30施設/82施設)の施設において、フットケアの頻度の増加が見られた。また、専門医療機関への紹介数は平成27年度273人であったが、平成28年度上半期のみで231人と増加傾向にあった。下肢切断数は平成27年度48人であったが、平成28年度上半期31人と大きな変化は認めなかった。福岡県においては他県と比較し腎代替療法の選択肢として腹膜透析の割合が4.6%と高いが(全国平均2.3%)、腹膜透析患者に対して定期的な下肢血流検査もしくはフットケアを実施している施設は52%(11施設/21施設)と少ないのが現状であった。

【結論】下肢末梢動脈疾患指導管理加算開始後、透析患者に対するフットケアに関して意識の変化が見られた。今後、加算開始による血液透析患者におけるフットケアの質の改善ひいては下肢切断率の減少が期待される。また、血液透析患者と同等のPADリスクを有する腹膜透析患者においても加算の適応拡大が望まれる。

※本ページの使用画像はイメージです(過去の学会風景より)

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会プログラムはこちら

No results found

メニュー