特別企画1 JET合同企画3-1「外科手術以外に選択なし!総大腿動脈内膜摘除」

5月26日(金)特別企画1 JET合同企画(ビデオライブ)
企画3「全部魅せます!バイパス手術の全て(外科手術ビデオライブ)」
1. 外科手術以外に選択なし!総大腿動脈内膜摘除
座長 北野 育郎 (新須磨病院)
座長 三井 信介 (済生会八幡総合病院)
演者 伊東 啓行 (済生会福岡総合病院 血管外科)

下肢末梢動脈閉塞性疾患に対する血管内治療は今日大動脈・腸骨動脈領域から下腿・足部動脈領域までを広くカバーすることが可能となっており、少なくとも治療適応のある短い病変に関しては血管内治療が第1選択である。

しかし、下肢動脈の中において、総大腿動脈(common femoral artery, CFA)は常に屈曲、伸展を伴うこと、またそのため、バルーン拡張のみでは再狭窄をきたしやすく、一方でステントを留置すると破損のリスクが高いこと、また穿刺によるアクセスが非常に困難になってしまうことよりCFA病変に対する根治的な治療手段としては大腿動脈内膜摘除が第1選択と考えられる。

当科でおこなっている大腿動脈内膜摘除手技の概略を述べる。
当科にコンサルトされるCFA病変症例の多くは高度石灰化プラークであることが多く、しばしば浅大腿動脈(SFA)起始部まで病変が及んでいる。また、CFA病変の特徴として、壁の高度石灰化は下腹壁動脈中枢側で一旦軽微となっていることが多い。そのため手術に際して剥離範囲は鼠径靭帯を一部切離し、下腹壁動脈の中枢側からSFA起始部までとしている。CFA遮断後に長軸方向に広く切開し、肥厚した内膜組織に一部中膜をつけるような剥離層で剥離を進める。内膜切除後には残存した小切片などをきれいに除去し、末梢側内膜切離断端には内膜固定を数針行っている。切開部の閉鎖は単純縫合閉鎖でも構わないが、SFA側に切り込んだ場合や、残った外膜組織が非常に菲薄である場合など静脈パッチを使用していることが多い。PTFEパッチを使用する場合もあるが、止血に難渋すること多いのと、術後慢性期に穿刺を行うと非常に硬くて穿刺が困難となるため、最近はあまり使用していない。

今回は、大腿動脈内膜摘除後に腸骨動脈、SFAの血管内治療を行ったハイブリッド治療症例のビデオを供覧する予定である。

※本ページの使用画像はイメージです(過去の学会風景より)

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会プログラムはこちら
メニュー