特別企画1 JET合同企画2-3「More distal puncture 適応とテクニック」

5月26日(金)特別企画1 JET合同企画(ビデオライブ)
企画2「複雑病変へのEVT どのテクニックを、どこで、どの様に活用するか?」
3. More distal puncture 適応とテクニック
座長 浦澤 一史 (カレスサッポロ時計台記念病院)
座長 末松 延裕 (済生会福岡総合病院)
演者 金子 喜仁 (春日部中央総合病院 循環器科)

生活習慣病患者の増加ならびに世界有数の血液透析患者数を背景に、本邦の閉塞性動脈硬化症(PAD)患者は増加している。さらに血液透析患者においては下腿動脈病変を合併し重症下肢虚血(CLI)に至ることが多いことが知られており、下肢だけではなく生命を脅かされることとなる。
CLIを合併した血液透析患者は全身状態が不良であること、より末梢の足関節以下の動脈にも病変を合併することなどから、バイパス手術の適応とならない症例も少なくない。救肢のためには経皮的血管形成術(EVT)での血行再建が必要となるが、その難易度も決して低くはない。
ガイドワイヤーを通過できるかどうかがEVTの成否のかなりの部分を握っているが、その成功率を上げるためにはBidirectional Approachが有用である。また、Bidirectional ApproachでTag Wireを構築することはデバイス通過のためにも有用である。
Bidirectional Approachを組むために必要なテクニックの一つにDistal Punctureがある。当然のことながら、病変が末梢にあればあるほどより末梢の動脈を穿刺することが必要となり、Plantar Artery Puncture(底パン)やDigital Artery Puncture(ユビパン)などのテクニックが報告されている。

当院では常時30人を超えるCLI患者の入院診療を院内完結型で行っており、足関節以下の病変に対するEVTも多数行っている。今回は、Distal Punctureを用いて治療を完遂した当院の特徴的なEVT症例を紹介する。

 
※本ページの使用画像はイメージです(過去の学会風景より)
 
 

(PDF書類)をダウンロードする

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会プログラムはこちら

No results found

メニュー