特別企画1 JET合同企画1-4「 より末梢へ、これからのChallenge (Below-the ankle, pedal intervention)」

5月26日(金)特別企画1 JET合同企画(ビデオライブ)
企画1「膝下血管と戦う!EVTの基本戦略とその攻略方法」
4. より末梢へ、これからのChallenge (Below-the ankle, pedal intervention)
座長 河原田修身 (国立循環器病研究センター)
座長 山本 光孝 (原三信病院)
演者 椿本 恵則 (京都第二赤十字病院 循環器内科)

CLIに患者に対しては, 救肢のための血行再建に際し, バイパス手術あるいはEVTが選択されるが, 実際の臨床では, frailtyの高さや併存疾患の問題からEVTが選択されることも多い. また, 最近の報告では, EVTはバイパス手術に比し同等の救肢率が得られると報告されている. しかしながら昨今, 救肢率と創傷治癒率の間に乖離がみられることが問題となってきている. 救肢に成功しても創傷治癒が遷延すればQOL改善はないばかりか社会復帰も困難となると考えられる. 過去の複数の報告では, Pedal artery diseaseの存在は創傷治癒遷延の独立した危険因子であることが報告されており, 実際にPedal diseaseの存在下ではEVT後にいわゆるwound blushが得られないことも経験される. 最近になってNakamaらによるRendezvous registryでは後ろ向き研究ではあるものの, Pedal artery diseaseに対するPedal interventionが創傷治癒率を改善することが示された. こうした状況の中で, 我々もPedal artery diseaseを有するCLI患者に対しては, 積極的にPedal interventionに取り組んでいる. ただ, Pedal interventionは未だ方法論が確立されていないこともあり実施に際しては技術的困難を伴うことも多い. 本セッションでは日常臨床において当院で取り組んでいるPedal interventionを, ビデオライブを通じて紹介したいと考えている.

※本ページの使用画像はイメージです(過去の学会風景より)
 
 

(PDF書類)をダウンロードする

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会プログラムはこちら

No results found

メニュー