特別企画1 JET合同企画1-3「たくさん開ける事は良い事だ? Multi-vessel revascularizationの実際」

5月26日(金)特別企画1 JET合同企画(ビデオライブ)
企画1「膝下血管と戦う!EVTの基本戦略とその攻略方法」
3. たくさん開ける事は良い事だ? Multi-vessel revascularizationの実際
座長 河原田修身 (国立循環器病研究センター)
座長 山本 光孝 (原三信病院)
演者 伊元 裕樹 (福岡和白病院 循環器内科)

昨今、全世界的にCLI患者に対するEVTが拡大している中、特に膝下血管に対するEVT自体の治療目標(いわゆる“やめ時”)は今も議論の真っただ中で結論は出ていない。

膝下血管に対する血行再建としてdistal bypassが第一選択としてあげられるが、distal bypassと比較したEVTの創部に対する血流増加量は少ないことは明白である。以前より『Angiosome』を基本とした血行再建が望ましいことは事実であると考えられるが、実臨床ではAngiosomeに準じたEVT後に必ずしも望ましい臨床経過を辿らない症例も少なからず存在する。その理由としては、先に述べた血行再建による血流改善がdistal bypassと比較し少ないことが考えられる。

私自身も創治癒傾向が得られずに追加のEVTを要した症例を経験し、そうした実臨床での経験に基づき、Angiosomeに準じたEVTは基本としつつも、可能な限り多くの血管に対する血行再建が望ましいと考えている1人である。

今回このような機会をいただき、CLI症例に対する膝下血管へのEVTに関し、Multi-vessel revascularization の実際としてビデオライブにて症例提示させていただく。

皆様の忌憚のないご意見をお伺いできれば幸いであり、今後の実臨床に生かしていければと思います。

※本ページの使用画像はイメージです(過去の学会風景より)
 
 

(PDF書類)をダウンロードする

第9回日本下肢救済・足病学会学術集会プログラムはこちら

No results found

メニュー